So-net無料ブログ作成
検索選択

南極大陸 あらすじ 9話 [南極大陸 あらすじ 9話]

南極大陸 あらすじ 9話をまとめたものです。






¥3300
¥1300
¥840







倉持岳志(木村拓哉)は、何度も襲い来る試練を乗り越えながら

一年に及ぶ南極の初越冬に成功して帰還した。



しかしそれは大手を振って喜べるものではとうていなかった。

すでに満身創痍だった宗谷はまさにぎりぎりの状態で

南極から帰還したのだ。



その帰還の犠牲になったのは、倉持たち第一次越冬隊を支えた

犬たちを置き去りにしなければならなかったこと。





その事実が倉持たちを苦しめていた。

帰国した倉持は樺太犬の飼い主たち一軒ずつを訪ね、

南極での犬たちの生活を伝える旅に出た。



そんななかリキの飼い主である遥香(芦田愛菜)の



リキを信じる気持ち



に、触れた。

それにより倉持は自分が間違っている事に気づく。

犬たちが生きている事を信じ、第三次隊になり再び南極へ行く。

そして犬たちを連れて帰ると誓う。





しかし。

南極にもう一度行きたい事を伝えるために、星野(香川照之)や

氷室(堺雅人)らのいる日本学術会議ビルに訪れた倉持。



しかしそこで第三次隊の選考基準に





「第一次及び第二次越冬隊に参加したものは除く」





という項目があった。

白崎(柴田恭兵)は第一次隊からも希望者を募らせてもらえるよう

選考基準を作った文部省の事務次官を説得するのだった。






その頃…南極に残された犬たちは、生きるためにもがいていた。

ただひたすら生き残るために。









⇒ヤフオクで南極大陸の関連商品を探す




⇒ヤフーショッピング南極大陸の関連商品を探す




楽天市場で南極大陸の関連商品を探す




アマゾン南極大陸の関連商品を探す






nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。