So-net無料ブログ作成
南極大陸 あらすじ 1話 ブログトップ

南極大陸 あらすじ 1話 [南極大陸 あらすじ 1話]

南極大陸 あらすじ 1話





時代は昭和30年代。戦後10年を過ぎた頃。

日本は失いかけた自信を取り戻すべく、人々はがむしゃらに働き、経済を立て直していた。

しかし、世界からは「真似をする国」「敗戦国」とレッテルを貼られている。






そんな中世界各国で地球観測のうが気が活発に。

アメリカ、ソ連など戦勝国を中心にして



国際地球観測年特別委員会が設置された。



未知の大陸である南極の観測が計画される。

アジア諸国で唯一参加を表明した日本だが、当然世界からは

全く相手にされず馬鹿にされっぱなし。



あげく日本に割り当てられた観測場所は「インアクセシブル・接近不可能」な場所だった。



そこは氷点下50度以下、風速100メートルのブリザードが

吹き荒れるまさに死の世界だ。

つまるところ日本は期待されておらず相手にすらされていない。





しかし、ここで日本は立ち上がらねばこのままで終わってしまう。

外国に頼らず自らの足で立ち上がり生きて行く姿を

世界に示す事。

これが南極観測に課せられた使命なのだと。





地質学の研究者である、倉持岳志(木村拓哉)は、

それまで世界の背中を見つめるだけの日本から脱却し、

世界と肩を並べる時が来たと、南極観測実現に尽力。





戦争で妻を亡くし、傷つきながらも命がけの戦いに挑む倉持を

義理の妹の高岡美雪(綾瀬はるか)は、心配ながらも力を尽くす。



倉持に対する想いは封じたままで。






しかし、南極観測隊と言う夢に向かい尽力する彼らに逆風が吹き荒れる。

南極観測には巨額の資金が必要となるが、肝心の国や企業は

南極観測に関する資金援助に後ろ向きだったのだ。



この辺は個人の力ではどうにもならない。

ダメなのか…と倉持がくじけそうになった時、そんな彼を後押ししたのは…



「僕のお小遣い使って!」



と、お金を握りしめた子供たちからの募金だった。

全国から集まってくる子供たちからの募金。

それは倉持の心を強く支えた。





こうして小さな子供たちの手に握られた募金が、

国を動かす大きな力となり、



「国際社会復帰の一大プロジェクト」となり、それはまさに

戦後初めて日本が一つになった瞬間でもあった。






こんな感じで国の事業として認められた南極観測

しかし、日本には南極の氷を砕き、南極へと観測隊を連れて行く砕氷船がない。

それはつまり南極に行けない事を示す。





ここで持ち上がってきたのが、戦時中何度も敵地に向かい生きて帰ってきた

「奇跡の船」と呼ばれた「宗谷」と呼ばれる船を改造する案が出た。











しかし南極出発まで10カ月。

宗谷の改造工事が間に合うとはとうてい思えなかった。





問題山積みの南極に向けての作業。

南極観測隊員の選考も進む中、犬係りを任され、

樺太犬を集めて調教していた倉持にも問題が勃発して…?






⇒ヤフオクで南極大陸の関連商品を探す




⇒ヤフーショッピングで南極大陸の関連商品を探す




⇒楽天市場で南極大陸の関連商品を探す




⇒アマゾンで南極大陸の関連商品を探す





nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
南極大陸 あらすじ 1話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。