So-net無料ブログ作成
南極大陸 あらすじ 5話 ブログトップ

南極大陸 あらすじ 5話 [南極大陸 あらすじ 5話]

南極大陸 あらすじ 5話のあらすじをまとめました。






前回カブースを焼失してしまった倉持岳志(木村拓哉)たち。

改めて南極の厳しさを思い知る。





そんな中厳冬期が近づいていた頃、第一次南極観測隊を乗せた



南極観測船「宗谷」が日本の港に到着する。

南極観測隊隊長の白崎(柴田恭兵)は、南極での実質の体験から

このままの宗谷では再び南極の地に赴く事は不可能だと判断。





すぐに越冬隊を迎えに行く手段として宗谷の改造工事に

取りかかるのだがまたしても困難を極める。





一方越冬隊が南極に残ってはや半年。

倉持はすぐにでも犬ぞりだけでボツンヌーテンを目指す決意をする。

しかし、監査役の氷室はブリザード多発の200キロの道のりは危険と判断。

反対をする。



しかし越冬隊隊長の星野(香川照之)は、倉持のボツンヌーテンへの情熱は



運命だと感じ取っていた。






東京では倉持の帰りを待つ義理の妹の美雪(綾瀬はるか)が、

留守にしている倉持の研究室の空気を入れ替えにきた。



そのとき机の上に置かれている今は亡き倉持の妻であり姉である
ゆかり(仲間由紀恵)の写真の下に





「高岡美雪様」





と、書かれた封筒を見つける。

封筒から便箋を取り出し読み始めた美雪は愕然とする。

その内容とは…?









⇒ヤフオクで南極大陸の関連商品を探す




⇒ヤフーショッピングで南極大陸の関連商品を探す




⇒楽天市場で南極大陸の関連商品を探す




⇒アマゾンで南極大陸の関連商品を探す





nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
南極大陸 あらすじ 5話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。