So-net無料ブログ作成
南極大陸 あらすじ 7話 ブログトップ

南極大陸 あらすじ 7話 [南極大陸 あらすじ 7話]

南極大陸 あらすじ 7話をまとめました。





¥3300
¥1300
¥840







倉持岳志(木村拓哉)は、日本の未来をかけ1年間の過酷な南極越冬生活をおくる。



そこで倉持自身の夢でもあった南極の高峰・ボツンヌーテンの初登頂に成功。

帰り道、遭難の危機に瀕した倉持たちであったが、



リキ・タロ・ジロの三匹の活躍により命を救われる。





南極大陸の厳冬期が終わる頃、第二次観測隊を乗せた「宗谷」が

南極へとやってきた。





しかし。

南極大陸を目指す宗谷に思わぬアクシデントが。

スクリューが壊れてしまい、進めなくなってしまう。



結果第一次観測隊隊長の白崎 (柴田恭兵)は、

近くに逗留していたアメリカの船に救援を求めた。





ようやく昭和基地までセスナを飛ばし、取り急ぎ

第一次観測隊のメンバーを宗谷へと収容する。





基地を離れる時に、一抹の不安を覚えながらも倉持たちは

鎖に繋がれた犬たちを置いて、すぐに戻ってくるからと残した。





しかし。

宗谷についた倉持たちを待っていたのは

このまま犬たちを置き去りにしかねない厳しい現状だった…。









⇒ヤフオクで南極大陸の関連商品を探す




⇒ヤフーショッピングで南極大陸の関連商品を探す




⇒楽天市場で南極大陸の関連商品を探す




⇒アマゾンで南極大陸の関連商品を探す





nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
南極大陸 あらすじ 7話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。